w_kansei.jpg w2.jpg w7.jpgsand_lamp.jpg cay_p3.jpg suisen2.jpg

2013年07月19日

「ふかふかの夢」白熊の仔のステンドグラス

サンドブラストに絵付
トンボ玉で紡錘形のビーズも作って付けてみました。ステンドグラスの絵付けで繊細な表現も可能です。
バックはオーロラです。
image-20130719161829.png

image-20130719161844.png

image-20130719161855.png


ガラス工芸 ブログランキングに参加してます。
ご覧になりましたらクリックお願いします。ASAKO 
こちらです→にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村
ご覧になりましたら必ず
クリックお願いします。
o(;△;)o 忘れないでね!^_^
posted by スタジオ遊 at 16:20| Comment(2) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

ステンドグラス絵付の蝶

絵付け技法で繊細な蝶も表現できます。

image-20130717171052.png

image-20130717171114.png


ガラス工芸 ブログランキングに参加してます。
ご覧になりましたらクリックお願いします。ASAKO 
こちらです→にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村
ご覧になりましたら必ず
クリックお願いします。
o(;△;)o 忘れないでね!^_^

posted by スタジオ遊 at 17:13| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

ボッティチェルリのマリア様の模写アレンジ

かなり以前に制作したもので今も手元にあります。
目の表情がとても好きです。
繊細で美しいマリア様の表情上手く描けていると思います。
とても張り詰めた気持ちで制作をしてました。
image-20121120142344.png


image-20121120143035.png

ご覧くださった方が多いようでポイントが1300程になりましたがクリックしていただけないので13位です。
ガラス工芸 ブログランキングに参加してます。
ご覧になりましたらクリックお願いします。ASAKO 
こちらです→にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ

ご覧になりましたら必ず
クリックお願いします。
o(;△;)o



posted by スタジオ遊 at 14:32| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

南極の万華鏡をお見せします。

ペンギンの国という万華鏡作りました
覗いて見るとこんなです。

image-20121115202614.png

ガラス工芸 ブログランキングに参加してます。
ご覧になりましたらクリックお願いします。ASAKO 
こちらです→にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ

ご覧になりましたら必ず
クリックお願いします。
o(;△;)o 忘れないで!
posted by スタジオ遊 at 20:27| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

愛猫チビのステンドグラスパネル-アーティストショップに出してました。

第12回 ‘12日本のガラス展 でアーティストショップに出してました。
3カ所ありますが1ヶ所目。
愛猫チビのステンドグラスパネル。
酸素バーナーで作ったペンダントも初めて出してみました。
1.jpg
posted by スタジオ遊 at 12:49| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

星空の中の天使の絵付けランプ

赤いアンティークガラスを加工して省略した線書きで焼成。
これでも少しグリザイユで影をつけてます。
ステンドグラスは西洋古典技法まで習わないと良い作品
はできないという考えです。

まだまだ日本では本格的なステンドグラスの認識が低いのです。
seiya_up.jpg
posted by スタジオ遊 at 21:34| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

恐竜のステンドグラスランプ

もう大分昔ですが、こんな恐竜のランプを創りました。
マンガチックでなんかチープな感じがしますが
見る度ににんまりしてしまします。
捨てがたいものもあります。
大きい作品です。
kyouryu.jpg

posted by スタジオ遊 at 12:31| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

サンドブラストで表現する宇宙/ステンドグラス

今回の作品展に出してる小円パネルです。
サンドブラストしてからエマイユで色や影を足して焼成してます。
サンドブラストだけでは出ない深みが出るのです。

周囲のビーズも自分で作りました。

s_utyuu.jpg

s_utyu2.jpg

posted by スタジオ遊 at 14:45| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

シルヴァーステインの魅力 ステンドグラス絵付

今回の作品展ではシルヴァーステインを多く使用しました。
濃い発色のは1オンス28g1万数千円もする高価な絵の具です。
シルヴァーステインは大変難しい絵の具です。

毎回サンプルを作りテストしてから絵付けをしますがなかなか思うようには
なりません。
千年も前からステンドグラス制作に使用されてきました。
解る人にしか解らない魅力です。

本物のステンドグラス制作は苦行のようなものです。

※シルヴァーステインは銀を原料とする絵の具でガラスや温度、絵の具の厚み
 などにより変化する難しい絵の具ですが、作品に深みが出る魅力的な絵の具でもあります。
 ガラスに浸透します。

hikari_stein.jpg
posted by スタジオ遊 at 11:59| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

サンドブラスト、バーナーワークも取り入れた実験的な作品を制作

☆カフェギャラリーSTAGE銀座で下記のように作品展に参加してます。
★展覧会名
  クラフト縁展 「はじめまして、こんにちは。」

 2010年9月13日(月)〜9月18日(土)
 11:00〜19:00  最終日 16:00まで
作品展

☆クラフト縁さんは工芸作家さんを応援してくれるサイトで作品展の紹介もしてくれます。
 今回、クラフト縁さん主宰の始めての工芸作品展にお声をかけていただきましたので
 参加することにしました。

サンドブラスト、バーナーワークも取り入れた実験的な作品を制作しました。
一部分紹介します。
andro.jpg
posted by スタジオ遊 at 14:09| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

ステンドグラス紫陽花のパネル

以前作ったステンドグラスです。
アンティークガラスを色抜き加工して線描きして影をつけて焼成。
西洋の伝統的技法で、本来ステンドグラスは繊細な表現が可能なものなのです。
azisai.jpg
下は紫陽花と蝶の拡大画面で線描きがはっきりわかります。
azisa_up.jpg

azisai_tyou.jpg
posted by スタジオ遊 at 06:50| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

a 聖母マリア ステンドグラス絵付のダマ

blue-mary-p.jpg
以前に制作しました。
ラファエロの「ひわの聖母」から聖母の部分だけ模写 してステンドグラスにアレンジ。
この目の表情が美しくとても好きです。
バックの模様はグリザイユで全体にシェーディングしてから模様部分を剥がします。
青い色が剥がした部分で模様になってます。
その上から更にシェーディングで深みやニュアンスをだしてます。
装飾模様を入れたバックをダマと言います。

アンティークガラスを使用してこの作品では10回位焼成してます。 

ダマとはフランス語で装飾模様のある織物のことですが、ステンドグラスのバックや衣服の模様のこともダマと言います。
中世以前からの古典の技法です。
posted by スタジオ遊 at 23:53| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

桜の絵付 ティファーニーランプ

f0236908_10295236.jpgこのところの雨で東京の桜はだいぶダメージを受けていると思います。
今日もまた桜ランプのことです。
これはだいぶ以前に作りました。
私はティファーニーランプが好きではないのでこの作品以後作ってません。
五瓣の桜の部分はグリザイユで描き焼成。
バックはアンティークガラスの色抜き(サンドブラストでできます)そして
シェーディングして焼成してます。
アンティークガラスですので灯りが透けすぎてまぶしくまた花びらの色抜きがまぶしすぎてめだたなくなる為です。
posted by スタジオ遊 at 10:36| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ステンドグラス絵付 シルバーステイン

img_913338_10232933_0.txt.jpeg
シルバーステインは銀を原料とする高価なステンドグラス顔料です。
580℃〜620℃で焼成するとガラスに浸透して黄色からオレンジ色に発色します。
ガラスによって発色が違うのでテストします。
とても微妙で難しいですが深い味わいのでる魅力的な顔料でもあります。

写真は近作に使用したアップ部分です。
posted by スタジオ遊 at 11:29| Comment(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

ゴールドピンクの桜ランプのある部屋

天井に大きく色がひろがり、きれいです。

 電球を灯けた時、実際にはもっとガラスのエッチング模様が はっきり 見えます。
  クリア電球に限ります蛍光灯や白い電球では映りません
sakura_p_room.jpg
posted by スタジオ遊 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールドピンクの桜ランプ

アンティークガラスのゴールドピンクをエッチング加工してエマイユで少し絵付け
鉛桟で組んでます。
繊細な作品です。
psakura.jpg
posted by スタジオ遊 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

ゴールデンレトリバーのステンドグラス

フランスのアンティークガラスを使用
知人に依頼されたもの
エッチングや古典絵付けをほどこしたステンドグラス
花はエマイユで絵付け
dog.jpg
posted by スタジオ遊 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

蝶のパネル

エッチングをして古典絵付けをした”蝶のパネル” 講師作品
リビングドアに嵌め込みました。
tyou.jpg doa.jpg
posted by スタジオ遊 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

贈り物にゴールドピンクのさくらの小箱

ゴールドピンクに魅せられてそれにふさわしいステンドグラスをといくつかの作品を創りました。
こちらは箱の下の方は上部をグラデーションで薄くしてます。sakura2.jpg

2-f88e8.jpg
 エッチング加工した桜の小箱はちょうど名刺が入るサイズです。     
 お世話になった方へさりげなくプレゼントされてはいかがですか。
又、ウエディングの引き出物にいかがですか。2品目からは数量に応じて値引きいたします。
 他の模様での注文も受けますが、デザイン下絵料金が別にかかります。   
 詳細とご注文はステンドグラススタジオ遊へ

posted by スタジオ遊 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールドピンクのさくらの小箱

ゴールドピンクは、アンティークガラスの中で最も高価なガラスです。
理由は、ガラスを製造するときに 美しい赤やピンクには金を混入します。
(赤よりピンクの方が多く入ります。)
濃いピンク程、金の含有率が高いのです。
さらにエッチング加工できるように透明ガラスの上にゴールドピンクを載せて 宙吹きする難しい製法のガラスでもあります。

ゴールドピンクに魅せられてそれにふさわしいステンドグラスをといくつかの作品を創りました。
ぜいたくな作品たちでもあります
sakura_hako1_2.jpg
 エッチング加工した桜の小箱はちょうど名刺が入るサイズです。     
 お世話になった方へさりげなくプレゼントされてはいかがですか。
又、ウエディングの引き出物にいかがですか。2品目からは数量に応じて値引きいたします。
 他の模様での注文も受けますが、デザイン下絵料金が別にかかります。  
1-1b2b8.jpg
posted by スタジオ遊 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ここは、ブログページです。正式な教室ホームページ は、下記です。

http://www.ne.jp/asahi/st/yu/studio_intoro.html